FC2ブログ

 上記のツイートですが、青果では市場のHPにウイング車が接車出来ると明記されています。ただ、水産については、見つけられませんでした。

 ですが、先日豊洲市場を見学した時に水産のバースで質問したら、ウイング車も数台分ですが、接車して荷下ろしが出来ると、記憶違いでなければ、その場所を見ながら説明してもらいました。

------------------------------------------------------------------


というコメントをいただいた。

だもんで、バース、ヤードというキーワードで検索して見た。しかし引っかからない。その引っかからない中で、唯一?と思われるものが・・・


・・・というリンク先で、そのリンク先には「水産卸売場棟のバース。バース番号がひとつ飛んでいるのは、ウイング車を横付けする想定のためだそうです」というキャプションの画像があった。


というかさ、何はなくても「難癖を付ける」方々が居るものだから、ホームへの横付けというのは「妥協策?」「一応できます感?」ということなんだろう、と私個人としては思う。

そりゃね、横付けができない、と言うことは言わないさ。ただね、混雑するところでわざわざ事故を誘発する様なことをせねばならんのだ?と私は思うし、多くの方は「トラックのホームへの横付け」と言うのを実際には知らないんじゃないの?と思うのだよね。

ホームへの横付けというのは、次の様な感じのものなんだよね・・・



これさ、運転席側を付けているから・・本当はイヤだし苦労するけど・・・こんな感じで済んでいるけど、中にはさ、助手席側を付けなゃならない場所もあってさ、そりゃ大変なんだよね。そしてなんでこの様なことをせねばならないのか?というとさ、脇扉をあけて荷下ろしができるスペースがない、または大型トラックを縦にしてホーム付けするスペースがない、ということがあるんだよね。しかしそれ以前のことがあってさ、昔ながらの「鉄道引き込み線」という名残をさ、いまだに利用している古いところは、トラックをホームへ横付けするしかないんだよね。


ともかく、トラックをホームに横付けするくらいならば、ケツから荷を降ろした方が、大変だけど事故を起こすより良いと私は思うし、ホーム下にホークリフトを置いて、そのホークリフトで荷物をホーム上へ、またはホームからトラック荷台へ、と行った方が早いし安全と思うのだがねぇ〜・・

いや、先に記したが、何はなくても「難癖を付ける」方々が居るものだから、ホームへの横付けというのは「妥協策?」「一応できます感?」ということなんだろう、と言うことがあるんだろうと思うよ。


スポンサーサイト


面倒、小難しいことは記さないけれど・・・

この様な動画、というか、動画にての楽曲を知るとさ、なんだかなぁ〜、と思ってしまう。そうでしょ?

まあ色々と調べてみると、この楽曲は「カバー曲」ということで、元々は欧州で発表された楽曲。

そして、この楽曲を歌っているグループというか、グループのリーダー的存在?というか・・ISSA(イッサ)という方なんだけどね・・・そんな方は沖縄出身。

既存の新聞テレビからは、欧州も沖縄も「反米一色」という印象しか無いからねぇ〜・・・これは、韓国も同じか?

ともかく、人間は面白い。



ということで、演奏は陸上自衛隊第13音楽隊である。ちなみ第13音楽隊は、陸上自衛隊第13旅団隷下の音楽隊である。

で、バカの皆さん、この楽曲およびオーストリア、オーストリア軍に噛みつかないと、ダメだよ〜・・・

以前も記したが、旭日旗が〜・・・と騒ぐのであるのならば、双頭の鷲の旗に関しても騒がないとね〜・・・バカが言う所の、歴史の整合性が取れないよ。



この動画を少し説明すると、道路を横断しようとしていたお年寄りを、介添えして道路を横断している場面・・と推測。

その場面に私は遭遇し、車につけてあった「ドライブレコーダー」が録画していたのだが・・・


海外でこの様な場面が撮影できてしまうと、横断者を介添えした方が賞賛されることが多い。

しかし、厳しいことを言う様だが、動画をご覧になってわかる様に、すぐそこに信号がある交差点、横断歩道があるのだ。できればその横断歩道を利用して欲しい、と私は思う。

ともかく、これからは日の入りの時間が、冬至まで日に日に早まり、かつ車のライトが昔より眩惑してしまう様な光になってしまった。そのために薄暮の時間帯や夜間に対向車の灯りで歩行者を認識することが、昔より困難な状態になりつつある。

歩行者、自転車は、警察が啓発している様に、薄暮の時間帯、夜間には「反射材」を身につけて欲しい。しかも、反射材の面積が大きいやつを・・・

当然、いくら最新の予防安全装置・機器が備わった車と雖も、車を運転する方も細心の注意を怠らない様にして欲しい。


地図を見ると、道路が蛇行している部分があるから、昔よりよくなったとは言え交通の難所であることにいまも変わりがなかろう。

その昔、私は北海道の日勝峠を越えて、道東と呼ばれる北海道の東側に仕事で行ったことがある。その時の記憶からすれば、日勝峠は九十九折で、勾配もきつく、何よりも「未舗装区間が多かった」という記憶がある。

そんな峠を越えて道東に行ったわけであるが、この時期・・秋彼岸から10月のはじめ?の頃に行き滞在したときなどは、日勝峠で雪が舞い、非常に寒かった記憶がある。当然、道東の目的地に着いても同じだったわけで、雪は降らなかったが、朝晩の寒さは・・関東あたりの真冬並みの寒さ。

夜間に野外で仕事をしていた時などは、霜柱が「バリバリ」と音を立てながら、立つのがわかったくらいだ。その様な日は、よく晴れた夜で、月も出ていた。その月明かりがものすごく明るく、隣にいる同僚の顔、書面に記された文字が月明かりだけではっきりと判別できた・・まだ若く、視力も今以上に良かったこともあるかもしれないが・・・

その秋の時期に行った時は、満天の星空、というのは、月明かりに邪魔をされ見ることはなかったが、夏に同じ仕事現場に行った時などは、それは見事な星空であった。ただし、その仕事現場は、夏でも日中と夜との寒暖の差が激しく、かつ天候が少しぐずると、暖房を使用しないとダメであった。

蛇足しておけば、我々が滞在するために使用した宿泊施設は、皆が考える様な「ホテル」とか「旅館」ではない。テントであり、良くて「小舎」と呼ばれる・・わかりやすく言えば「山小屋」の様な宿泊施設である。だから、隙間風や寒気が入り込み易く、暖房がなければ過ごせなかったのである。まあ、それだけ北海道は寒くなるのが早い、ということでもあるが・・・