FC2ブログ

[2019年1月17日:公表]
自動車のタイヤパンク発生時の対応方法に注意-応急修理キットの使用方法やスペアタイヤの交換方法について-

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

 一般社団法人日本自動車連盟(JAF)によると、2017年度で最も出動件数の多いトラブルは「バッテリー上がり」で、2位は「タイヤトラブル(パンク等)」でした。タイヤがパンクしてしまうと空気圧が低下し、ハンドルをとられたり、ブレーキの効きが悪くなることがあります。また、著しく空気圧が低下してしまうとコントロールを失う可能性もあるため大変危険です。

 タイヤがパンクしてしまったときの対応方法は、主に2通りあります。一つは自走できるように自分で応急修理を行う方法、もう一つはJAF等のロードサービスを活用する方法です。自分で行う応急修理にも主に2通りの方法があり、一つはスペアタイヤに交換する方法、もう一つは応急タイプのパンク修理キット(以下:応急修理キット)を使用して補修する方法です。対応方法は、車両に付属している装備内容により異なります。また、近年はスペアタイヤの代わりに応急修理キットが付属している車両が数多く見られます。

 PIO-NETには、2013年度以降の5年間に応急修理キットやスペアタイヤに関する相談は40件(2018年11月末までの登録分)寄せられており、応急修理キットで補修後のタイヤが使用できなくなったり、スペアタイヤへ交換しようとしたが、空気が入ってなかったため、使用できなかった、といったような事例がありました。

 そこで、パンク発生時の対応について、消費者の対応実態等に関するアンケート調査及び自動車製造事業者へのアンケート調査を実施するとともに、パンク発生時の対応方法について紹介し、消費者へ情報提供することとしました。


PDF版



PDF版には、消費者からの「苦情」というのも掲載されており、この様に記すと語弊があるかもしれないが、その苦情を読むと「面白い」

さて、良い悪い、ということは別にして、この様なことを知ると「便利ちゃ、不便の始まりか?」と思ってしまう。いや、普通の方が使用する「車」というのは、家中に氾濫している「家電」であり「自転車」的なものになってしまったのだなぁ〜・・・と思う。

それだけ、普通に車を走行させる分には、道路環境がものすごく良くなった、ということでもあるし、これは日本の自動車メーカーやタイヤメーカーが悪いのか?「車は壊れない」「タイヤはパンクしない」とアナウンスされてきたためなんだろうな。


スポンサーサイト

アメリカのホワイトハウスは、トランプ大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長との2回目となる米朝首脳会談を来月下旬に行うことを明らかにしました。会談の場所は後日、発表するとしていて、トップどうしの会談で北朝鮮から非核化に向けた具体的な措置を引き出すことができるかが焦点です。

トランプ大統領は、17日からワシントンを訪れている北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の側近のキム・ヨンチョル副委員長とホワイトハウスで18日、1時間半にわたって面会し、非核化などについて意見を交わしました。

このあとホワイトハウスは声明を発表し、2回目となる米朝首脳会談を来月下旬に行うことを明らかにしました。

開催場所については後日発表するとしていますが、ベトナムなどが有力視されています。

声明では「トランプ大統領はキム委員長と会うのを楽しみにしている」としています。

【2回目の米朝首脳会談 2月下旬に開催へ】より



北朝鮮の「非核化」とか「国家的犯罪行為」ということは別にして、この様な動きちゃ・・・朝鮮半島に関し米国は、韓国じゃなく北朝鮮を「朝鮮半島に関する唯一の交渉相手。唯一の国」としたんじゃないの?と思えてしまうのだがね〜・・・

もっと言えば、韓国は相手にしない、見限る。・・・と、米国は方向転換した、ということじゃね?

そして、韓国の現政権もそれが望み、と日本のマスゴミ報道からも見えてくるんだけど・・・・よかったね、北シンパが多い?多かった?マスゴミさん。


まあ、朝鮮戦争の「停戦・休戦協定」に当事国である韓国は署名していないから、韓国には全く関係のない話、韓国を蚊帳の外に置いて進めても構わない話、とも言えるんだけどね。

そして、いわゆる「戦後賠償」ということに関しても、今までは朝鮮半島の唯一の正統な国、政権政府は韓国ということで、韓国に対して資金援助名目で日本が支払った物は、北は韓国から奪えば良いだけの話。とは言え、南北共々「へんちくりん」だから、反日、日本への強請りたかりはやめないだろうけどね。


甲状腺機能低下症とは、慢性的な甲状腺の炎症などにより甲状腺ホルモンが出なくなり、活動性が大きく低下するとともにむくみや全身のだるさなどが現れ、活気がなくなる病気です。男性よりも女性に多くみられます。


甲状腺ホルモンのはたらき

甲状腺ホルモンは、全身の細胞の活動性を高めるホルモンで、やる気ホルモンと呼ばれることもあります。
正常では全身の細胞に直接作用して新陳代謝を促進させます。心臓に対しては、心拍数を速くしたり、心臓から送り出す血液の量を増やしたりします。そのほか、交感神経系を活性化し、体温を上昇させて汗をかきやすくします。
甲状腺機能低下症では、甲状腺ホルモン量が低下するため、正常とは真逆の状態になります。


【甲状腺機能低下症】より

なぜ、甲状腺機能低下症に関する引用文を記したのか?と言えば、次のリンク先を見たからですね。


【BS1は福島の甲状腺検査をどう報じたか 〜後編〜 (その1)】


しかも、このリンク先には・・・


一方、十代でがんと診断された子どもの母親です。
もし過剰診断で、必要のない手術をされたのなら、初めから検査などしないでほしかったと憤っています。

母親 「元の体には戻ってこないんですね。ささいな風邪でも治りが悪く、人の3倍も5倍もかかるんですね。一生死ぬまでそれと向き合って付き合っていかなくちゃいけないんです。
 私は恨んでいます。どうして検査をしたのか。どうして手術をしなくてはいけなかったのか。検査さえしなければ、がんが見つからなかったでしょう。一番訴えたいのは、元の体を返して下さい、それだけですね。」


・・・・ということが記され、それを読んで医療過誤がどうたらと大騒ぎになる今現在、いかに原発事故での当時の政権与党の対応・対策が「愚策であったか」しかもその愚策を「絶対の正義」と当時の政権与党と一緒になって振りかざしたバカどもが多くいて、そのバカどもが将来ある若者・子供の未来を潰したか・・・と思いましてね。



世の中、やれ環境だ、やれ脱炭素社会だ、やれ電気自動車だ、と騒いでいますけれど、次の動画を見ますと「実際は違うんじゃね?」と思ってしまうのですがね。





といより、自動車メーカー側の考え方とか別にしても、エネルギーを巡ることが変わったのかな?と思えてきます。


 それに広河氏の仕事の全否定は、広河氏がこれまで闘ってきた“権力” 側の「思う壺」であり、彼らを利し、増長させることになる。
 一例を挙げるなら、福島の原発事故の後、「安全神話」のもとで原発再稼働を強行しようとする国や東京電力に対し、広河氏は被曝の深刻さと危険性を詳細な調査報道を通して伝え、警鐘を鳴らし続けてきた。もしそんな重要な仕事をもこの「性暴力」報道のために全否定するなら、いちばん喜ぶのは国や東京電力など“権力”側だ。
 社会活動家として広河氏が立ち上げた「チェルノブイリ子ども基金」による現地施設や「NPO法人沖縄・球美の里」もこの問題で見放され、そこで救われてきた、またこれから救われるべき子どもたちも見捨てられていいのだろうか。


面白い「弁明?」「詭弁?」と思う。

だって、いわゆる「パヨク・左翼」「社会問題に取り組む」「社会正義を掲げる」「弱者に寄り添って」等々を掲げ、大きな声で喚く方々の多くは、戦前の日本、または戦後の日本の行なってきたことに関し「権力者は大義のために多くの人を・・」「国家天下のためならば些細な悪事をも蔑ろにしてきた」と糾弾してきたはず。

ところが、自分たちの「仲良しクラブ」の「クラブ員」の「不祥事」に関しては、その糾弾してきたことをまんま行おうとしている。

もう少し言えば、この引用文を記した様な方々が、いわゆる「新聞テレビ」等にも影響を与え、過剰な、いや異常すぎる「価値観」を社会に植え付けてきた。

例えば、小学校や未就学の子供達の安全ということに関し、あまりにも過剰に対策を取るものだから、子供達の周りにいる大人たちが、子供達が危険な行為、または危険なことに巻き込まれようとしているときに、見て見ぬ振りをするということで、大人たち自身の身を守っている。だって「良かれと思って行なった」ことが「子供を連れ去ろうとした」「子供にいやらしいことを目的とした」と新聞テレビは大騒ぎするんだもん。バカな価値観に毒されたバカ親も大騒ぎするしね。


これなどは、引用文の様なことを記した「バカ」たちの社会啓蒙活動による成果。


これじゃ、いくら「学校側」や「行政側」が「子供たちを見守ってください」、目の前で子供達が子供達だけで危険なことをしようとしていることを見たならば「子供達に一声かけてください」と言っても・・・やりゃしないし、知らない子供に関わり合いたと思うわけがないじゃん。


ともかく、いわゆる「パヨク・左翼」というのは、他者様に対しては「尤もらしい」ことを喚き、他者様を「これでもか」と死者が出るまで責め立てるのに、自分自身・自分たちを「省みる」「鑑みる」ということが本当にできないのだ、と引用文を読んでつくづく実感したよ。


おまけ


【私は、失望することのほうが、オカシイと感じた。人間的な共産(社会)主義なんて、ありえようはずがないのである。スターリンのほうが、よほど首尾一貫している。バカなのは、そういう社会が実現可能だと信じていた良心的なインテリたちである。私が真の共産主義者ならば、彼らのような人間は社会に害毒をおよぼす人種と断じ、粛清でもなんでもして、消してしまったであろう。政治的センスのない良心的な人々が、政治に口をだすことほど害なものはない。とくに、それらの人が、社会的名声など持っていたりすると・・・・、とソ連の支配者が思ったとしても、あの国の政体からすれば、当然ではないかと思う】
塩野七生著『サイレント・マイノリティ』の中から全体主義についてより抜粋引用。