【ソウル=名村隆寛】北朝鮮は25日、朝鮮人民軍の創建85年の記念日を迎えた。軍創建記念日の大型行事は予告されていないが、記念日に遭わせて北朝鮮が6回目の核実験や弾道ミサイル発射を強行する可能性があり、日米韓では警戒を強めている。

 韓国の聯合ニュースは同日、韓国政府筋の話として、北朝鮮がこの日、南東部にある元山(ウォンサン)一帯で過去最大規模の火力訓練を行っていると報じた。金正恩(キムジョンウン)委員長が視察する中、長距離砲などを大量に動員した訓練だという。韓国国防省は確認中という。

【朝鮮人民軍創建85年記念日、南東部で過去最大規模の砲撃訓練 韓国メディア報道 日米韓は核実験など警戒】より


端的に言って「カネがあるな〜」である。

昔の話になるが、大陸間弾道弾などの大量破壊兵器は別にして、陸上部隊では「火砲」「砲兵部隊」というのは、「虎の子」と呼ばれていた時代があった。

なんせ、最低でも10,000メートル先の敵陣地を攻撃できるし、その威力たるや物凄いものだからだ。

その虎の子の演習を大々的に行なった、ということは、その軍備・軍事力の保持を大々的に示すことであろう。が、その砲弾1発ナンボや?なんだな。

自衛隊の「富士総合火力演習」に関し・・・2014年の「赤旗」からの引用記事になるが・・・

陸自が総合火力演習

富士すそ野に実弾 2時間で約4億円

 陸上自衛隊は24日、国内最大規模の実弾射撃訓練「富士総合火力演習」を静岡県の東富士演習場で一般公開しました。世界文化遺産に昨年登録された富士山のすそ野に、戦車などが実弾を次々と撃ち込み、地響きを立てました。

 防衛省によると2時間で使った弾薬約44トンは約3・5億円相当。燃料費の約3000万円を合わせて約4億円近い血税を費やしました。

 演習は3年連続で島しょ部での作戦を扱いました。敵部隊の離島侵攻を想定し、それを制圧する軍事力をアピール。海上自衛隊のP3C哨戒機や航空自衛隊のF2戦闘機を加えた「統合作戦」も展開しました。

 演習には人員約2300人、戦車・装甲車約80両、各種火砲約60門、航空機約20機、その他車両約600両が参加しました。

 東富士演習場と隣接する山梨県の北富士演習場には米海兵隊オスプレイが20、21日に東日本で初の離着陸訓練を実施しています。


と出ている。

これが安いか高いかは、個々に判断していただきたいが、本当の実戦(戦争)となると・・・・2時間で数千億?兆?という金額になるかもしれない。その様な、ある意味貴重なおカネが北には本当にあるのか?これが疑問なのだ。


おまけ動画






スポンサーサイト

web用591


いやそれ以上かな?

修理に出したPCが、修理が上がって戻ってまいりました。修理費用も大凡の見積もり金額より安くすみました・・・めでたしめでたしであります。

だって、修理期間が早くて三日から四日と言われていましたからね。しかも日曜を挟んでの話でありますから、戻ってくるのは水曜か木曜と思っていましたから・・・ある意味、拍子抜けという感じであります。

で、話が変わって、我が在所は桜の花が本当に真っ盛りであります。とは言え、その桜の花も今週半ばには散るでありましょう。

独占的に、桜の花を間近で愛でることができる住環境というのは、散った桜の花びらの始末をせねばならない、という特権があるのであります。





以前のエントリで記した様に暫くの間、ブログのエントリを休止します。その前に、我が在所も漸く「桜の花」の季節になり、その花も「満開」になったことをこんな動画を貼り付けて、エントリしておきます。



この後の天候・気温にもよりますが、来週いっぱい?は桜の花が楽しめそうです。


使用しているPCに不具合発生・・・私個人として出来うることを行なったがダメぽ。

そのために、メーカーに相談。現物を見て、交換すべき部品があれば交換するしかないとのこと・・・

で、どの様な症状かと言えば、起動しないのである。電源ボタンをポチッとな、として電源を入れ、起動が始まるのであるが・・・・・途中で止まる。電源も落ちた・・・何度やっても起動しないし、起動途中で電源が落ちる。

これには困った。

仕方がないので、手間が非常にかかったが、起動ディスクを再フォーマットしOSを入れ直す。バックアップ等をこまめに行なっていたので、そのバックアップで今までの使用環境に戻す。それが済んだら、起動させて見た。なお、バックアップもさることながら、外付けHDDに用心のために起動ディスクを作っておいた。その外付けHDDの起動ディスクを使用し、PC本来の起動ディスクの再フォーマットとOSの再インストールを行なったのである。当然、ディスク修復も行なった。

それを行なったら・・・・起動できるではないか!?!?

と、安心したのもつかの間。電源を落とし、再び電源を入れ起動させると・・・起動しない。

?????????であった。

これを、昨日まで二度繰り返した。疲れたしPCの電源を恐ろしくて落とせない状態。

そのために、PCがしばらく使用できなくなることと、修理費用という最重要課題・・を考えながら、メーカーに連絡し相談となった。

相談した結果、修理に出した方がベストとなった。本日、そして明日の午前中までは、騙し騙しPCを使用できる。その後、修理に出す。

やばいファイルを削除しておかなくては・・主に「エロ系」だが・・( ̄▽ ̄)

エっ、大凡の修理費用???

それは内緒だ。


というわけで、明日朝までは、エントリもアップできるかも?だし、コメントが寄越されても、なんとかコメント返事ができるが・・・明日夜から暫くの間は、休止となる。



暴論を記すが・・・

朝鮮半島内で、同じ民族同士が「ドンパチ」をやろうが、国際社会は無関心であろうし、「好きなだけやらしておけ」と鮸膠も無く言い放つであろう。そして、甘言を持って、南北朝鮮に武器を売りつけるであろう。

しかし、そのドンパチが朝鮮半島の外に持ち出されると・・・周辺国は困る。

特に、陸地的国境を接している国は、その国境から流れ込むであろう「難民」に手を焼くことになる。なんせ、難民なんぞ抱え込んだら経済的に大きな負担になるし、治安も悪くなることは目に見えている。

そうはさせまいとなると、好むと好まざると介入とまで行かないまでも、ちょっかいを出すしか無くなる。

このちょっかいを出すことで、様々な思惑が生じる。

北朝鮮の独裁者にどの様な思惑があり、かつ本当に「賢い?」のか知らないが、ここら辺を巧みに突いていることは確かだと思う。

で、朝鮮半島の民族たちの本当の思惑なんぞどうでも良い話なんだが・・・・

 
【外交による解決と聴くと、現代人たちは、その中でもとくに日本人たちは、平和裡に話し合った末の解決と思ってしまう。だが、軍事力を使って脅した後で握手する、というのも外交である。いや、それこそが最も有効な外交であることは、歴史が証明してくれている。なぜなら人間とは、理で眼を覚ます場合は少ないのに、武力を突きつけられれば眼を覚ますものだからだ。】
塩野七生著『ローマ人の物語 悪名高き皇帝たち』より抜粋引用。


・・・・なのだ。

問題は、日本は軍事力を使った外交ができないことである。

だから、足下を見られるのだし、中国や朝鮮からの恫喝めいた発言に右往左往するのである。