自由・権利と責任・義務
 私たちは生まれながらに人権をもち、自由に生きることを保障されています。権利が現実に確かなものとなるためには、法が重要な役割を果たします。
らん 国家は、法に従い、権利を尊重する形で政治を行わなければなりません。私たちは、権利を濫用してはならず、他の人の権利を妨げるようなことがないように、時には権利と権利とを調整する必要が生じることもあります。「公共の福祉」とは、こうした権利調整の原理です。さらに、 私たちには、主権者としての責任があり、納税・教育などの義務を果たすことが求められます。

人間の尊厳と平等
 日本国憲法第 13 条に、「すべて国民は、個人として尊重される」とあります。これが、人間 の尊厳についての規定です。一人ひとりが、それぞれの考え方にしたがって、自由に自分の人生 のあり方を選ぶことができます。
 人々の平等にかんしては、「機会の平等」と「結果の平等」の両方を、適切に保障することが 必要です。困っている人々への福祉政策なしには、私たちは安心して生活することができません。

他者と共に生きる
 人は一人では生きることができず、それぞれが個人としての独自の考え方をもちながら、他の人々と共に生きなければなりません。そのためには、多数派と違うといった理由で、少数派をいじめたり、迫害したりすることは許されません。
 社会にはさまざまな差別があり、外国人への「ヘイト・スピーチ」なども見られますが、そうしたことをなくすために努力していく必要があります。


【第 19 回 日本国憲法と民主政治 [個人の尊重と法の支配]】より
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/radio/r2_syakai/archive/2016_gensha_19.pdf


国家は法に従いねぇ〜・・・それでは、その国家とはなんぞや?と思うのだが・・

それは置いておこう。

この引用文で最も気になったのは、最後の「他者と共に生きる」という項目。まあ、この引用文は文科省の「学習指導要領?」に、それこそ国家に従って、作られたものであろうから、こんなものかも知れない。しかし、いわゆる「ネトウヨ」とパヨクやNHKなどから言われている方々が、今の今まで「少数派」だった訳で、パヨク的言動、NHK的思考の方々が多数派だったのだが・・・それは無視かよ!?である。

現にそうだろ?

反差別とか反ヘイトを掲げる側が、NHKの手にかかると「絶対の正義」であって、その考え方に疑問を持つ側は「問答無用で排除せよ」・・すなわち、少数派をいじめたり、迫害することは正義である、と公共の電波を悪用して放送してんじゃん???

NHKは、次の言葉を再度熟慮しろや・・・それとも、カルト的思考に凝り固まっているから、できないかな???


【私はあなたの意見には反対だ、だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る】


スポンサーサイト


この動画は、2015年時のモノ。

で、次の動画は「小学生」を対象にした措置らしい。



確かに、小学生と高校生とでは・・・しかも激しい練習等で体を鍛えている等々のことがあるにせよ、違いがあるであろう。

しかし、連日の様に新聞テレビは「猛暑から命を守りましょう」と報じている訳で、朝日新聞主催の夏の高校野球全国大会だけは「例外」というわけにはいかないのではなかろうか?


で、この猛暑に関して、というか、昔経験したことを・・・

その昔自衛官であった頃に、ちょうどこの時期であったろうか?北海道の矢臼別演習場にて演習を行った時に、一時「演習中止」という「命」が出た。まあ演習を中止ということじゃなく、演習の「状況」「演習時に行う想定行動」というのを一時的に中止したことがある。

何故か?

あまりにも暑すぎて、普通科・・歩兵だね・・の隊員たちが具合が悪くなったためである。普通科は、クソ重い完全装備で徒歩移動が基本だからね。

まあ、これが実戦となれば、中止なんぞ絶対にないのだが・・・

そして、北海道が涼しいなんぞ嘘だ、とあの暑さを経験してから思っている。

まあ、今回のワールドカップ・ロシア大会でも、クソ寒いという印象のロシアは、夏がクソ暑いことを我々は改めて知ったわけだが・・

再度記すが、毎日の様に身体をいじめ、鍛えている屈強な若者たちもぶっ倒れることになるのが「暑さ」という奴なのである。その様な暑さの中で、スポーツの試合を日中にさせるちゃ・・・朝日新聞、強いては既存の新聞テレビ全般が何かと言う所の、人権とか、に関わる話じゃなかろうか?

もう少し付け加えると、真夏日という気温になると自衛隊の駐屯地等では「緑十字」の旗を掲げ、屋外での作業、運動を中止させていた。


「私はあなたの意見には反対だ、だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る」

と言う有名な言葉は、哲学者・文学者・歴史家であったヴォルテール(Voltaire)が言った言葉として有名であるが、本当に言ったのかどうかは不明らしい。



しかし、民主主義の根幹をなす「言論」や「表現」に関する指針となった言葉であり、この様な考えがあったからこそ、自由と民主主義を謳歌できる様になったのである。

しかし昨今、自由と民主主義を掲げながら、他者の言論や表現を「ただただ気に入らない」と言うだけで封殺、いや「弾圧することが正義である」と誇らしげに自慢するバカがいる。

例えば、私の地元に「リカちゃんキャッスル」と言う大手玩具メーカーが作った、お人形のテーマパークがあるが・・その人形の名を勝手に騙るアホとか等々。


しかも、このお人形の名を騙る人物等々に代表される方々の多くは、言論や表現の自由と言う権利を他の方よりも最大限に享受し、それでもって所得を得ているのに、平気で他者の言論や表現を蔑ろにし、喜んでいる。

醜い!!


今年の猛暑でも?思い出すことがある。

東日本大震災が発生した年の夏のことを・・・・

ご存知のように、あの震災・津波にて福島第一原発が事故を起こし、その為に「電力の供給逼迫」と言うのが起きた。だって、ただただ危険だ〜、と言う感情的なことだけで事故を起こしていない原発まで稼働を止めたんだから・・・

その為に当時の政府(民主党政権)はもちろん、当時の政府(民主党政権)広報等を担っていた既存の新聞テレビは頻りに、「電気を使用するな」と呼びかけていた。

どんなにクソつ暑くとも、暑さによる死者が出ようとも、大量に電力消費をする冷房をつかうな〜、と大騒ぎしていた。

まあ、それ以前より夏場の電力逼迫?と言うことがあって、夏場に冷房を使用するのをやめよう、なんて馬鹿げたスローガン?等々を頻りに広報していたが・・・

ところがである、今年の猛暑では「冷房を使いましょう」と、既存の新聞テレビは大騒ぎ。

しかも「命を守る為に冷房を使用しよう」と大騒ぎ。

まあ時代の変化?時間が経過?するに、その価値観や工業技術等々も変わるので、それも仕方がないことなのかもしれない。

しかしだ、そのような馬鹿げたこと?を知っている世代の者としては、それじゃ今までのことはなんだったんだよ?と・・・これも素朴な疑問として沸き立つのだ。

そうではなかろうか?

今じゃ「暑さを我慢するな」と言う論調が目立つが、つい先日まで既存の新聞テレビは「暑さを我慢せよ」と我々に押し付けていたのだから・・・

いや、このような夏だからこそ、改めて既存の新聞テレビが煽っていた「電力が〜」「原発が〜」を再考せねばならない。


追記

四国に「伊方原発」という原子力発電所がある。

四国電力のホームページを閲覧すると、豪雨災害に見舞われた地域から近いにも関わらず、豪雨被害はなかった様である。


そして、色々と電力復旧のために忙しい中・・

伊方発電所1号機 第1回施設定期検査の終了について


・・・ということも行われていたらしく、それが終了したのが・・・なんと!!平成30年7月12日!!

ある意味「頭がさがる」である。

なお、四国エリアの「でんき予報」というのを見てみると、やはり災害のためなのか?このクソ暑い中、電力の使用に少し余裕がある様である。しかし楽観は禁物であろう。



これは「中国電力」も同じの様で・・若干であるが、電力使用量の見積もりより余裕がある様である。やはり災害のために余裕がある、と考えるべきであろうか?



関西電力は・・・7月18日は、やばかった様である。

本日(7月18日)の電力需給見通しおよび需給状況改善のための融通の受電について


で、電力最大消費地を管轄する東京電力は・・・連日「猛暑猛暑」と気象予報が出ているので、抜かりはない様に思えるが・・・それでも消費量90%台。



しかし、関西電力は大阪、神戸、京都という都市を管轄していながら、自社独自の供給量が不足している、という感じがやはり否めない。


熱中症に詳しい兵庫医科大特別招聘(しょうへい)教授の服部益治さんは「過去に熱中症が起きなかったから大丈夫という考えは、捨てないといけない」と訴える。「命は他のなにものにも代えられない。高温注意情報が出たときは原則、炎天下の外に出ず、野外活動は中止すべきだ」

子どもや高齢者は、水分をためておく筋肉の量が少ないため熱中症になりやすい。服部さんは、最高気温に5度足して判断すべきだと指摘。背が低く路面に近い子どもは野外で照り返しをまともに受けるうえ、気温が35度でも体感温度は40度近いという。

服部さんは「午前10時時点で28度以上で、高湿度で風がないときは、エアコンのある教室にとどまるなど、勇気ある判断をしてほしい」と語る。

【「エアコンある教室にとどまる勇気を」 熱中症の専門家】より


と朝日新聞は主張するのですが・・・

その朝日新聞の「ドル箱?」である「夏の高校野球」に関しては・・・


「甲子園近くて遠い」古豪・甲陽学院、4年ぶり初戦突破


猛暑の中、無理しても体を動かせ、無理しても屋外にいろ、と賞賛する。

変な話である。

朝日新聞は潤沢な資金があるのであろうから・・・地方予選、当然「本戦」である「甲子園球場」での大会も、主催者としてその潤沢な資金を出し、すべてナイターにすれば良いのだ。そうすれば、最もくそ暑い時間帯に無理に大会を進行したために「事故が起きた」ということは軽減できると思う。

できなければ・・・大会出場を目指す子供達には気の毒なことを言うが・・・甲子園球場だけで開催と言う方式をやめるべきである。

下らぬ主催者側のメンツこそ、人の命を簡単に奪うものはないのだから・・・・朝日新聞も常々そのように主張していたよね?