この新聞切り抜きの画像に記されている事を「頓珍漢」というのではなかろうか?

イメージ取り込み 1799 


民族の言語というか、言葉というものを「残そう」「後世に」という考えは、ある意味「賛同する」ものであるが、それが「公用語」となると、大いなる疑問がある。

この様に申し上げると、本当に申し訳ない言い方になるのだが・・・その言語には「文字」はあるのであろうか?

公用語にする、というのだから、公的な「標識」「案内板」等々、または「配布する公文書」に、その言語を記さねばなるまい。その文字はどうするのだ?

そして、北海道に限らず、日本全国で「日本語」以外での「表記・併記」というモノが推奨されているが、日本語と英語での併記までならば、我々日本人も、多分海外から来られた方も混乱はない。しかし、何ヶ国語も併記されると・・・「案内板」の本来のことから外れてしまい、ただ混乱するでけでは?と思う。ましてや「公道の道路案内」に何ヶ国語も併記されると、車のドライバーが事故を起こすのでは?と思ってしまう。

この様な状態に、文字がない?・・失礼、言語の表記まで併記されたら、瞬時の判読なんてできやしないであろう。


なお、Wikiではあるが、次の様に記されている。


文字による記録
アイヌ語は漢字が伝わる前の日本語と同様、口承のみによって受け継がれてきた。そのため文字による古い記録は、ヨーロッパ人や和人によって書かれたものが残されている。


確かに「漢字が伝わる前の日本語も口承のみ」だったろう。しかし、その時間が違うと思う。

現代日本語につながる大昔の「日本語」は、漢字を得てから「言葉」「語彙」そして「文字」が独自にかつ時間をけけて発展して来たもので、「昔の日本語も口承だったじゃないか」と安易には言えないのだ。もう少し言えば、自分たちの言葉を文字にする術が、考え方が、いわゆる「少数民族」とか、「先住民族???」とか呼ばれる方々はなかった、しかし「日本にはあった」と言えるのである。

この差は本当に大きいのである。


学者ならば、何故言葉を「文字」にできなかったのか?その差はなんなのか?を研究すべき。




スポンサーサイト

>  これ大日本帝国陸海軍将兵も同じなんですけどね。 それどころか敗戦までは、徴兵制でしたから、兵士の圧倒的多数は徴兵された一般市民なのです。
>  ところがパヨクによるとその一般市民が徴兵されて軍隊に入ると国民の敵になるのですよね?
>  結局彼等は自分の気に入らない行動をする人間は、例えそれが法的な強制を受けた場合であっても、絶対に許容できないのだと思います。


これ、昨日のエントリに頂いたコメント。

全くその通りなんですよね。パヨク的視点?九条狂徒視点?になると、徴兵された兵士も「敵」なってしまうんですよね。

しかしね〜・・・引用コメントでもわかる様に、いや「普通に考えれば」、その兵士は「国民」であり「市民」なんですよ。

これを自衛隊(官)に当てはめても同じ。その国民、市民に対し、「お前らは敵だ」と公言して憚らないのが「パヨク」「左派野党」

もっと言えば、その国民、市民が納めた税金を原資に、自分たちの「生活?」「政治活動」を賄っている「政党」「政治家」が、自衛隊(国民)は敵だ、と公言しているのですから・・・・


そんな政党や政治家は「必要ない」と思いますがね〜・・・・いや「国民の敵」は、お前たち「パヨク」「左派野党」だろ?


しかし、自衛隊(国民)は敵だ、という方々って、私兵ならば良いのですかね〜・・・

対外的というか、外交的解釈によって、政党の私的軍事組織を「国軍」と誤魔化している国がありますが、その様な国に対して「お前らの国の軍事組織は、国軍ではない。それこそ国民(人民)の敵ではないか」と言えないところが、日本の「パヨク」「左派野党」ですからね。



このエントリの趣旨とは変わりますが・・・


昔、本当に経験したことです。

あるところに納品に行きました。その納品量というか、重量というか、これが半端じゃありません。正味10トンという量の品物を、ある大手スーパーのある店舗に納品したのです・・・しかも一人で手作業で・・・

大型貨物トラックでかつ一人でしたから、店舗の納品・商品搬入口を長時間占拠してしまう形になります。しかも、その品物を店舗内の陳列棚?にも「並べろ」という店側の指示まで出る。そんな感じで「大汗吹き出し」ながら作業を続けていたら・・・「これはあんたの責任だから、あんたが責任持ってナンタラカンタラ」と私にいうスーパーの女性従業員が登場・・多分、商品の発注者であり担当者。しかもしつこく騒ぐ。

納品・商品搬入口のホーム、その奥にあるバックヤードが、私が搬入している商品で溢れている事と、長時間に渡り商品搬入口を大型貨物トラックが占拠し続けている事態を騒いでいたんだろうと思います。大手のスーパーの店舗ちゃ、直納品と合わせて、スーパーの物流・配送センターからの納品もありましてね。センターからの納品を大型貨物トラックで行っている場合が多いのです。その車が、私の車のために、納品・商品搬入口に着けられなかったためなんでしょうね。そして、店舗の納品・商品搬入口ちゃ、そこまで行くための道路も狭けりゃ、搬入口自体も大概狭い。大型貨物トラックが何台も着けられる様な構造になっていないです。もっと言えば、事故を起こさない方が「不思議」と思える状態なんですね。

しかしね、たった一人で正味10トンという量の荷下ろしを、かつ長時間に渡り休みなく重労働をしているわけですから、流石に「カチン」ときましてね。心の中で「お前が発注したんじゃね〜か」「この様なことになることくらい想像もできねぇ〜のかよ」と思い、何でもかんでも「下請け?」「搬入?」業者に責任転嫁する姿勢に、「このスーパーでは、絶対に買い物をしない」と決めました。

何が言いたいのかと言いますと、いくら「下請け業者」と言いましょうか、「納品業者」と言いましょうか、そんな関係であったとしても、立場変わればその業者も「自社で買い物をしてくださるお客様」になるわけです。

確かに、多くのお客様の中の「たった一人」かもしれません。そのたった一人がスーパーで買い物をする金額なんぞ、微々たる物、歯牙にも掛けない、でしょう。しかし、先にも書きましたが、立場変わればです。見下していた相手が、今度は「お客様」になるのです。


これと同じ様な事を、パヨクや左派野党は行ってる、と思えるんですね。


エッ、なんというスーパーなのか、って?

中部地方が発祥で、創業家・経営者一族から現役議員も輩出している「最大手」とだけ言っておきましょう。

それ以来、本当にそのスーパーでは買い物をしていません。当然、そこが運営している「ケイレツ?」「コンビニ?」でも買い物をしたことがありません。もう二十数年になりますかね。「行こう」といわれたら、一応行きますが・・・そのスーパーやケイレツに金を落とすことは本当にしたことがありません。これからも絶対にしないでしょうね。



先週の予算委員会での私の質疑を一面で取り上げています。質疑事態は少し専門的だったかもしれませんが、分かりやすく整理してくれています。
東京新聞:「北の脅威」政府に矛盾 衆院選「危機的」→安保法訴訟では否定:政治(TOKYO Web)
https://twitter.com/edanoyukio0531/status/965460472110628864


「北の脅威」政府に矛盾 衆院選「危機的」→安保法訴訟では否定

 「北朝鮮の脅威」を巡る政府の主張の矛盾が明らかになった。安倍晋三首相が昨年十月の衆院選で、北朝鮮情勢が「危機的な状況」だと強調した一方、同時期に行われた安全保障関連法に関する訴訟では、米国と北朝鮮が衝突する危機にあることを政府自身が否定し、主張を大きく変えているためだ。野党は政府の説明を「二枚舌」と批判。今後の国会審議で追及を強めることも予想される。(新開浩)
 衆院選を通じ、首相や小野寺五典(いつのり)防衛相は、核・ミサイル開発を進める北朝鮮と、武力行使を含む「全ての選択肢」を否定しない米国との間で、昨年末から今年初めにかけ、緊張が極度に高まる可能性を訴えた。
 首相は衆院選前日の演説で「北朝鮮の危機がある中で、安保法を廃止すると言う人は、あまりにも無責任だ」と強調した。
 一方、集団的自衛権の行使を容認する安保法が憲法九条に違反するとして、陸上自衛官の男性が、集団的自衛権を行使できる「存立危機事態」での防衛出動命令に従う義務がないことの確認を、国に求める訴訟を起こした。
 一審の東京地裁は昨年三月の判決で「原告の部隊に出動命令が出る具体的な可能性があるとは言えない」などとして訴えを退け、男性は東京高裁に控訴した。
 衆院選から約一カ月後の十一月末、法務省は高裁に提出した準備書面で、男性が主張した米国と北朝鮮との武力衝突の可能性を「抽象的な仮定」と指摘。存立危機事態が発生する可能性についても「現時点における国際情勢」を理由に想定できないとした。国は北朝鮮情勢の深刻な危機を認めなかったことになる。
 しかし、東京高裁は先月末の控訴審判決で、安保法の成立を理由に、存立危機事態の発生を想定できないとした国の主張を「採用できない」と判断。男性の訴えは「適法」として一審判決を取り消し、審理を東京地裁に差し戻した。
 衆院選と控訴審での政府の主張の食い違いに関し立憲民主党の枝野幸男代表は十四日の衆院予算委員会で「一方で、すぐにもミサイルが飛んできそうな危険をあおりながら、一方では具体的な危険はないと堂々と主張している。二枚舌ではないか」と批判した。上川陽子法相は予算委で、訴訟での法務省の主張を説明しただけで政府内で主張が異なる状況は変わっていない。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201802/CK2018021902000098.html




いや「さっぱりわからない」のだが・・・


引用記事は、現役自衛官が「任務上の命令が、現憲法に照らし合わせ違法・違憲じゃね?」という事が趣旨でしょ?・・・これもある意味「スリーパー」「草」と呼べる。

まあ、これを言い出したら「九条狂徒」が以前から、これからも言い続ける「自衛隊は違憲」という事なんだろうけど・・・

それを「どうにかしましょう」「自衛隊、自衛官の身分保証をハッキリさせたい」ということが含まれているのが、政権与党が掲げる「憲法改正」であり、「今そこにある危機」に対処するための「法」「国会審議」ではないのですかね?

その審議に置いて、「反対のための反対」「国民・有権者の生活をどう守るか、という事を審議にて質疑しない」をやっているから「税金の無駄遣い」「アホ」「きちがい」と国民・有権者の多くは「左派野党」に対しいうのでしょ?


そもそも「立民」や「共産」「社民」・・これは「公明」もかな?・・は、自衛官を「日本国民」として見ていないじゃないですか?

憲法上の「違憲」等々は別にして、自衛隊を維持しているのは「国民」ですよ。国民が志願し、自衛官になっているわけですよ。その基本、根本的なところを「立民」や「共産」「社民」・・これは「公明」もかな?・・は、一切認めないじゃないですか?


認めないどころか、自衛隊(官)は敵だ、すなわち日本国民は敵だ、という事を絶えず喚いているのではないのですか?


立憲民主党「日本、別に凄くない、総理大臣関係ない」日本メダル獲得に不満、批判受け取り消し→すぐ寝る


このリンク先の記事、嗤えるナぁ〜・・・

で、確か・・・リンク先で引用されているTweetじゃなく、超がつく?有名自称ジャーナリストも同じ様なTweetをして、顰蹙を買っていた様な・・・


で、私は「日本人凄い」という表現は、「的確」と思いますよ。確かにね、選手個々の「能力」「才能」というのもありますけれど、国際試合・競技においての「レギュレーション」というのが、日本人には「不利」というのがありますしね。当然、身体的な違いと言いましょうか、そんなことが日本人と欧米人にはありますから、それを克服するためには「創意工夫」するしかないんですね。

今回の冬季オリンピックでも、その創意工夫と選手はもとより、関係各所、関係者の皆さんが「血を吐く様な努力」をした「結果」なんですから・・・「日本人凄い」「日本凄い」と言っても、なんら間違いじゃないと思いますし、「当然」と思いますがね〜・・・

ただね、好成績という結果に「慢心」「傲る」ということなく、かつ多くの選手たちが現役を退いた後の、生活。当然現役の選手たちの生活等々を如何にするか?という大きな課題がありますがね。

「日本、別に凄くない」という様な事と同じ様な事を述べた、自称ジャーナリストや知識人?文化人?と呼ばれて浮かれている方々は、この様な課題をどうすべきか、という事を提言すべきだったんじゃないのでしょうか?

いや、日本と日本人が嫌いな自称ジャーナリストや知識人?文化人?と呼ばれて浮かれている方々は、金にもならないことのために、全私財を出す覚悟がありますかね?


金属やプラスチック製のパイプの中に火薬を詰め、両端を固く密封し、信管や時限発火装置で爆発させる。
材料のパイプには、水道工事などに用いられる、両端にネジの切られたパイプが使用されることが多い。パイプを密閉する事で内部の圧力を上げ、爆発の威力を上げる。また、容器として使用されているパイプが爆発によって破片となり、周囲に被害を与える。同様に、破片効果を目的として、釘や細かな金属片を内部に詰め込むこともある。
多くの場合、パイプ爆弾は非合法に自家製造されるが、作成中に部品同士がぶつかり合って発生する微弱な火花が火薬に引火し、暴発してしまうことが多々ある。
日本の学生運動の最盛期に作られた鉄パイプ爆弾はその形状から「キューリ」という俗称で呼ばれた。

--------------------------------------------------------


という事を思い出した。

爆弾というか、爆発によって人を殺傷する武器・兵器というのは、基本的にはこんな物であり、あとは如何に「威力」をあげるか?かつ携行・運搬を容易にするか?

そして何と言っても、武器・兵器を使用する側が「安全であるか」等々が求められる。

で、引用文では「静電気」と思われるが・・「作成中に部品同士がぶつかり合って発生する微弱な火花が火薬に引火し、暴発してしまう」と出てくるが、火薬の種類によっては、火薬そのものに衝撃を与えると「爆発する」というものもある。


軍事用の「砲弾」や「爆弾」というのは、引用文に記されている「容器として使用されているパイプが爆発によって破片となり、周囲に被害を与える。同様に、破片効果を目的として、釘や細かな金属片を内部に詰め込むこともある。」という事を最大限に、かつ効果的に発揮できるのである。

再度記す。

その様なモノを、「武器じゃない」かの様な事を記す国会議員の言動は「異常すぎるだろ?」と言わずにはおられない。

国会議員ならば、なぜ迫撃砲弾がその場所にあったのか?その迫撃砲弾は本物だったのか?等々を調べ、本当の意味での「危険」や「安全」とはなんぞや、という事を提言すべき、と思うがね〜・・


おまけ




動画を観ると、「離島奪還」を掲げているが、いや離島奪還もあるのだろうが・・・「対テロ」「対ゲリラ」掃討戦全般の訓練に見えてしまうのは私だけ?

まあ「パイプ爆弾」なんぞを、こさえてしまう連中が相手だ、いや「武器密輸」をする連中が相手か?当然だろうな。