FC2ブログ

大雪でタイヤチェーン義務化 県民「付けたことない」

 ■「新雪・凍結に有効」JAF 国土交通省が今冬から、大雪の際に「立ち往生」が懸念される高速道路や国道でタイヤチェーンの装着を義務化することについて、県内のドライバーからは「スタッドレスタイヤで十分」「チェーンなんて使ったことがない…」という戸惑いの声が上がった。これに対し、国交省は立ち往生対策としてチェーンの必要性を強調。義務化に伴って品薄になることも予想されるため、県内のカー用品店は在庫の確保を急いでいる。

 国交省は、昨冬の大雪で大規模な立ち往生が相次いだことを踏まえ、チェーン装着を義務付ける区間を指定することにした。対象区間は、今冬に全国に約20カ所設け、来年度以降は200カ所に拡大するという。罰則もある。

 国交省道路局企画課の担当者は「どこを指定するかは道路管理者や警察と共に検討中」とした上で、「これまでスタッドレスタイヤの車も立ち往生した。スタッドレスだけでは対策として不十分。チェーンも必要だ」と説明する。

 雪国の富山ではスタッドレスを使用するため、多くのドライバーはチェーンを使った経験に乏しい。富山市の建設業の30代男性は「スタッドレスタイヤで十分ではないか。義務化は大型車だけでいい」と言う。立山町の伊藤景子さん(42)は「チェーンなんて一度も付けたことがない。自分で取り付ける自信はないし、どうしよう」と不安げ。小矢部市の砂土居真祐美さん(34)も、チェーンを使ったことはないといい、「小さい子どもがいるので、取り付け作業が大変そう」とこぼした。

 こうしたドライバーの心配の声に対し、JAF(日本自動車連盟)富山支部の林宏二さん(49)は、「スタッドレスは圧雪に強い。チェーンは、立ち往生の原因ともなる新雪や凍結に強く、対策として有効」と指摘。首都圏などでは、チェーン装着のための出動もあるとし、「購入して車に積んでおくだけでなく、雪が降る前に、実際に取り付け作業を経験しておくことが大切」とアドバイスした。

 国交省が義務化の方針を示した15日から一夜明け、県内のカー用品店には早速、チェーンに関する問い合わせが入った。

 スーパーオートバックス富山南(富山市婦中町塚原)は、義務化に伴い、チェーンの在庫を増やすという。竹内真志店長代行は「県内ではチェーンの需要がほとんどなかった。今冬は購入する人が増えるだろう。売り場も目立つよう工夫したい」とする。価格が2万円台のゴム製チェーンがお薦めといい、「首都圏で雪が降れば、チェーンは一気に品薄になる。購入するなら早めがいい」と話した。

 トラックやバス事業者からも、戸惑いの声が漏れた。トナミ運輸(高岡市昭和町)の担当者は「自分たちが対策を講じても、別の車両が立ち往生すれば結局、巻き込まれてしまう。全ての車両がきちんとチェーンを付けるようにできるかが課題となる」とみる。

 富山地方鉄道(富山市桜町)のバス事業の担当者は「チェーンの着脱スペースが混み合うことになりはしないか。課題が多そう」と語った。



参考リンク
大雪時のチェーン義務化、国交省→スタッドレス義務化でいいだろ。

参考リンク先では、タイヤチェーンの携行・装着義務に関し色々と苦情?が記されている。


で、私は色々と苦情が?多い、このタイヤチェーンの義務化を、手放しではないが「歓迎」する。

その歓迎する理由としては「転ばぬ先の杖」ということからであるし、昨シーズンの福井・石川で発生した「大雪による車の立ち往生」の例を挙げるまでもなく、少し前から大雪による立ち往生が多く発生しているからである。

もっと言えば、多くの車の使用者自身の「車の運転に関しての自信過剰」「車やタイヤへの性能過信」と「いつ何時であろうが道路は綺麗に除雪されているのが当然」という「慢心」があるためである。

警報が出るレベルの大雪となりゃ、除雪が間に合わないのは馬鹿でもわかるだろ?しかしそれすらも理解できない馬鹿以上の馬鹿のための苦肉の策として「タイヤチェーンの義務化」と「罰則」なのさ・・・

違う言い方をすれば、馬鹿たちを保護するための措置なのが、タイヤチェーンの義務化なのさ。




関係ある様な無いような追記


仏燃料税抗議デモ28万人に 1人死亡、230人負傷
2018.11.18 09:09


海外のデモは「過激」ですねぇ〜・・・

というか・・・

【人間ならば誰にでも、現実のすべてが見えるわけではない。多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない】by ガイウス・ユリウス・カエサル


・・・ということで、人が死ななけりゃ、このデモやデモの原因を日本の報道機関は報じなかったでしょうね。

そして、燃料への課税引き上げということで、フランスというより、EUが行ってきた「愚策、公共交通網整備を疎かにして小型ディーゼル車マンセー推進」を「なかったことにしたい」というところがあるのでしょうね。


スポンサーサイト

その上で、タトゥーは歴史や現代社会で美術的な意義や社会的風俗という実態があることを踏まえ、「医師の業務とは根本的に異なる」とし、医行為には当たらないと判断。彫り師に医師免許を求めれば、憲法が保障する職業選択の自由との関係で疑義が生じるとも述べた。

【「タトゥーは医療行為ではない」 彫り師に逆転無罪判決】より
https://www.asahi.com/articles/ASLCG4T7JLCGPTIL013.html


まず最初にね、「タトゥー」と言わずに「刺青・入れ墨・イレズミ」と言いましょうや。そうでなきゃ、引用文に記されている「歴史やナンタラカンタラ」にそぐわない。

で、その歴史的な観点から・・・江戸時代という頃に「墨を入れる」ということは「犯罪者の烙印を押された」ということでもあったんだよね。事実、今で言うところの「軽犯罪」「微罪」と言われる様なことを当時犯した者は、腕や額に墨を入れられ、「お前は犯罪者」と烙印を押された。そして、今で言うところの「やくざ者」「破落戸」などが好んで体に墨を入れていたものだから、入れ墨・刺青=反社会的行為、となった歴史的経緯を、それこそ記すべき。

その様なことを言わずに、カタカナで「タトゥー」と頭の良い方が率先して大騒ぎして言うものだから、それこそ「入れ墨・刺青」に関しての「誤解」が生じると思うのだけどねぇ〜・・・


アメリカ目指し北上の移民たち 一部が国境の街へ 緊張高まる
2018年11月15日 5時29分
アメリカを目指してメキシコを北上している中米ホンジュラスなどの人たちの一部は、アメリカ カリフォルニア州と国境を接するメキシコの街に到着しました。アメリカ側の国境付近では壁に鉄条網が設置され警備当局が監視にあたるなど、緊張が高まっています。
アメリカを目指している中米ホンジュラスなどからの移民たちの多くは現在、メキシコ北部を北上していますが、このうちの一部はメキシコの州政府が準備したバスなどを乗り継いで、アメリカ カリフォルニア州と国境を接するティファナに到着しています。

14日朝には、数百人にのぼる移民たちが8台のバスに分乗して、ティファナ中心部にある宗教施設の前に到着しました。

移民たちは、ボランティアから朝食を提供されたり、簡易テントの下で医療スタッフによる健康状態のチェックを受けたりしていました。

ホンジュラスから1歳半の息子を連れてきたという17歳の女性は「母国では、特に女性への暴力が横行していて生きていけない。子どもの生活のため、何としてもアメリカに行きたい」と話していました。

一方、ティファナの反対側にあるアメリカ サンディエゴの海岸には13日夜、照明灯が持ち込まれ、国境を隔てる壁に鉄条網が設置されました。

周辺には警備当局の車両が数多く待機し、移民たちが壁を越えることがないよう隊員たちが監視を続けていて、緊張が高まっています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181115/k10011711171000.html?utm_int=news_contents_news-main_004


なるほど・・・報道はあくまでも「移民」と言うことですか。

まあ確かに、我々が知ることができる形の米国の歴史というのを見ると、その昔米国は、欧州からの大量の移民たちを迎い入れた経緯があるし、そのことが米国の根底にあるから・・・南米からの流入も「移民」と位置づけるのであろう。

しかしね〜・・・今回のことを「移民」と片付けて良い出来事なのかね〜・・・


テレ朝ニュースによれば、明治大学の女子トイレに侵入したとして会社員の男が現行犯逮捕されたという。男は「お腹の調子が悪く男子トイレと間違えて入った」と容疑を否認しているというが、もし男の証言が事実ならば切なすぎやしないだろうか? 頼むからやめたってくれや……。

・盗撮の可能性もあるが
男はキャンパスの地下1階にある女子トイレに侵入した疑いが持たれているらしい。通報を受けた警備員が駆け付けると、男子トイレの奥にある女子トイレのドアに鍵が掛けられていて、警備員が出てくるよう促ししばらくしてから男が出てきたという。
警視庁は盗撮などの目的で女子トイレに侵入したとみて調べているらしいが、もちろんその可能性だって十分にある。会社員である男がわざわざ明治大学のキャンパスの女子トイレに入ること自体怪しいし、残念ながら盗撮行為も後を絶たないのが現状だ。だがしかし……。

《【やめたれや】お腹の調子が悪い男 → 間違えて女子トイレに入って逮捕 → 今年1番切ない事件だろコレ…》より


普通は?公共の場にあるトイレで、しかも「女子トイレ」に男が入れば、大概「痴漢行為」「のぞき」と考える。しかし、リンク先に記されている様に「漏らす寸前くらいのギリギリの状況」で「止むを得ず」ということだってあろうし、昨今は「LGBTが〜」ということがあって、その男性が「私は女性だ!」と強弁した場合どうするのだろう?

・・・と、私は記事を読んで思ってしまった。


全く関係のない追記???


スー・チー氏の人権賞撤回
「失望」とアムネスティ
2018/11/13 05:48

 【ロンドン共同】国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(本部ロンドン)は12日、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相に授与していた人権賞を撤回すると発表した。イスラム教徒少数民族ロヒンギャに対する迫害やメディア弾圧を阻止しなかったことに「大いに失望した」と批判した。

 同氏を巡っては1991年に受賞したノーベル平和賞の剥奪を求める声も一部で上がっている。

 アムネスティは、スー・チー氏が民主化運動指導者として軍事政権に軟禁されていた2009年、人権擁護で活躍した人に贈る「良心の大使」賞の授賞を決め、軟禁解除後の12年に手渡していた。


この引用した共同通信配信記事を読み・・・


【私は、失望することのほうが、オカシイと感じた。人間的な共産(社会)主義なんて、ありえようはずがないのである。スターリンのほうが、よほど首尾一貫している。バカなのは、そういう社会が実現可能だと信じていた良心的なインテリたちである。私が真の共産主義者ならば、彼らのような人間は社会に害毒をおよぼす人種と断じ、粛清でもなんでもして、消してしまったであろう。政治的センスのない良心的な人々が、政治に口をだすことほど害なものはない。とくに、それらの人が、社会的名声など持っていたりすると・・・・、とソ連の支配者が思ったとしても、あの国の政体からすれば、当然ではないかと思う】
塩野七生著『サイレント・マイノリティ』の中から全体主義についてより抜粋引用。


・・・である。


イメージ取り込み 1814


大変なことになりつつありますねぇ〜・・・