FC2ブログ

舛添さんは「ヘイトはホロコーストにつながる」の理由で川崎条例に賛成だが、問題はこのような条例の下では、「何がヘイトか」の恣意な拡大解釈が言葉狩りの横行と言論弾圧の風潮を生むことだ。舛添さんはホロコーストをこの目で見たわけでもないが、私は言論弾圧の恐ろしさを体験から知っているのだ。


川崎市が、罰則付きのヘイト禁止条例を準備中である。表現の自由との関連には配慮が必要だが、賛成である。ヒトラーはユダヤ人締め出しの法律を制定し、ホロコーストにつながった。人種差別は、芽のうちに摘み取らねばならない。他国で日本人だという理由のみで迫害される苦痛を想像してみるべきだ。


これらは、次の引用記事に関してのTweet。


川崎市、ヘイトスピーチに罰金50万円=全国初、条例に盛り込みへ

 川崎市は24日、市内でヘイトスピーチ(憎悪表現)を行った者に対し、50万円以下の罰金を科すことを盛り込んだ差別撤廃条例の素案を公表した。市によると、ヘイトスピーチを規制する条例に刑事罰を設けた例はなく、成立すれば全国初になる。

 素案では、市内の広場や駅で拡声器などを使って、特定の国・地域の出身者らを国外に退去させることをあおったり、危害を加えることを告知したりするような差別的言動を禁止。市の勧告や命令に従わずに違反を3回繰り返した場合は検察や警察に刑事告発し、罰金を科すと規定した。


私は、引用した最初のTweet・・・石平太郎氏のTweetなのだが・・・の通り、と思う。

しかも氏は、中共が支配する地域の出身者であり、中共が行い続けている「暴挙」を体験している方である。引用Tweetは「非常に重い」と思う。

しかし私の在所などは、東日本大震災、それに伴う「原発事故」に関して、いまだに「いわれなき差別」を受けている。しかも、差別は良くない、誹謗中傷は良くない等々をよく喚く著名人や国会議員等が、平気の平左でTwitter等々で原発事故被災地に関し「差別発言」「誹謗発言」を繰り返しているというのに、それに関しては「皆沈黙」である。

いや「沈黙」どころか、既存の新聞テレビが率先して「差別を煽る様な」「誹謗する様な」報道を繰り返す。



スポンサーサイト

反対のためなら 国民・有権者も泣かす

それがどうした 文句があるか

雨の永田町 国会前

亡国しぐれか デモ囃子

今日も呼んでる今日も呼んでる

ど阿呆特定野党


[セリフ]

そりゃわいはアホやし妬むことしかできん せやかせそれもこれも 日本破壊のためや

今にみてみい!わいはまた政権に返り咲くんや

政権やで わかっているだろ パヨク諸君

なんやそのしんき臭い顔は

金だ!金だ!選挙のための金持って来んか!!


・・・・という、余興でおました。


6月に入って、次の様な動画をよく見かける様になった。




以前から言われていたことであるが、漸く?銀行等の金融機関も「大々的な啓発・利用者等に周知」ということになったのであろう。

そしてこの様な動画が頻繁に見かける様になった、ということは、いわゆる「一般企業」等々は「対策を行い終えた」ということであろう。


そんな視点から・・・・


吉本興業 宮迫博之、田村亮ら芸人11人を謹慎処分 金銭の授受が発覚 詐欺グループとの“闇営業”問題で


・・・という出来事を観ると、私個人としては「妄想」が膨らむ。

だって、大手芸能事務所、その事務所所属?マネージメントをしていた?芸能人・タレントだけの話じゃなくなるかもしれないからね。

特に、テレビ放送局ね。

まあ、ご存知の方はご存知かもしれないが・・・ご存知じゃない方は「吉本興業ホールディングス」で検索し、企業情報で「株主」を観てみりゃわかるよ。



テレ朝もついにアベ政権の軍門に下ったか。良心と正義に基づく報道を続けてきたジャーナリストが追放された。これはまさしく民主主義の危機だ。
19:16 - 2019年6月22日

これ、「前川喜平(右傾化を深く憂慮する一市民)」と称する方のTweet。

この様なTweetを拝見しますと、いわゆる「エリート」というのが「いかに打たれ弱いか」「エリートと自負していた鼻っ柱をへし折られると、逆恨みしかできない」等々の、心の闇が見えてしまい、この手の方々を考える上で「非常に参考になる」と思いますね。

そして、この手の方々は・・・・

【理想主義者と認じている人々は、自らの方法上の誤りを悟るほどは賢くはないけれど、彼ら自身がこっけいな存在にされたことや、彼らの最善とした方法が少しも予想した効果を生まなかったを感じないほど愚かではないので、それをした現実主義者を憎むようになるのです。だから、現実主義者が憎まれるのは、宿命とでも言うしかありません。理想主義者は、しばしば、味方の現実主義者よりも、敵の理想主義者を愛するものです。」】
塩野七生著『海の都の物語 1』の中から第三話 第四次十字軍より抜粋引用。

・・・・という引用文のまんまでありますねぇ〜

おまけ

「前川喜平(右傾化を深く憂慮する一市民)」と称する方は、次のリンク先で記されていることでTweetしたのね。

【テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭】



ちなみに、この動画に映っているのは、イギリスの刑務所らしいです。




で、話題が少し変わりますけれど・・・この様な動画を見て思うのです。

普遍的な価値観であるはずの「自由」や「人権」ということが、その国々や人々によって「違う」と・・・

ただし、我が国のすぐ隣に存在する特定国が考える「自由」「人権」は、受け入れることはできませんがね。