FC2ブログ

2019.11.1 日韓議員連盟合同総会 衆議院会館 

「共同声明」永住外国人の地方参政権を付与する法案の成立を日本側が今後も一層努力することを表明

日韓議連は何をやっているのか!!

リンク先で添付されている動画も参照してください。


以前から、永住外国人の地方参政権を付与ということが言われていましたが、その参政権なんたらを最も進めていたのが、この様なところですね。しかも永住外国人なんて言っていますが、その対象は「いわゆる在日」と以前から呼ばれていた方々が対象。

しかし・・・日韓議員連盟というところが、既存の新聞テレビと共同で、昨今の日韓関係を拗らせるだけ拗らせたのですけれど、それも理解できない様ですねぇ〜・・・

ともかく、世論、すなわち我々名も無き国民有権者が、ふざけているな!!と、こんな拙ブログ等のネットからも言わないとダメです。

政府も政党も、ネットの声、というのを無視できなくなったのですから・・・


スポンサーサイト



先日11月8日は、立冬であった。

この立冬から、「冬」という事になっている・・・

その為に?気象庁もそうなのだろうし、特に新聞テレビでは、紅葉も見ごろになっていないところも含め、立冬から「冬です」と強調する。

しかし面白い物で、本日夜から北日本を中心に大荒れの天候になる事を「季節外れの雪、寒さ」と報じる。

チミらだよ、フジテレビ。

というか、少しは学べや。

チミらは、まだクソ暑い夏であるはずの8月に、立秋が過ぎると「今日から秋です」と宣い、まだ続くクソ暑さを「残暑」というではないか?

それが冬であるはずのこの時期に、季節外れの雪・寒さ、と言ってんだぞ?

昨日令和元年(2019年)11月13日の夕方に放送した番組を見直してみろよ。

これがさ、日本のはるか南に発生した台風とフィリピン近海で発生した台風が、この時期に日本に向かってくる、というのならば「本当に季節外れなのに」だよ。

別にさ、四角四面に、ということは言わんよ。しかし、この様なことからもテレビ放送局とは、あまりにも都合が良すぎる、バカしか放送局には就職できないのか?と思えてしまうのだよ。


そして本来ならば?なぜチミらが大騒ぎするほどの寒気が南下してくるのか?という事を、誰もがわかりやすく報じるべきじゃないの?

それが、公共の放送電波を寡占、独占している大企業の使命ではないのか?

だって、人命や災害に直結する事なのだから・・・


なおさ、平成24年(2012年)の11月の北海道で、次の様なことがあったんだよね。

【室蘭地方暴風雪、大規模停電発生で冷凍都市化、電柱や木ポッキリも】



運転免許証更新時に、認知症の何たら、というのが、いわゆる高齢者には義務付けられているけれど、その時に「マニアルトランスミッション仕様」の車を使った、運転講習も義務付けると良いと思うよ。シュミレータでも良いよ。

というか、「オートマチックトランスミッション仕様車限定」なんていう運転免許制度をやめるべき。そうすりゃ、「マニアルトランスミッション仕様の車を運転してみてください」という事で、その運転技量がすぐにわかると思うのだけどね。シュミレータでも良いよ、シュミレータにクラッチペダルとギアチェンジレバーをつけ、その感覚とか、動作を限りなく本物の車の様にすれば良いだけ。クラッチの繋ぎが下手ならば、エンストを起こす様にすりゃ良い。


だって、楽器の「ドラムセット」じゃないけれど、マニアルトランスミッション仕様の車を運転するということは、オートマチックトランスミッション仕様の車以上に、違う事を同時に行わなきゃ、車を走行させることができないのだから・・・・

それで、いわゆる「高齢者」も、自分自身の現実を知ることができると思うのだけど・・・

違う言い方をすれば、あまりにも便利すぎる物だから、何が危険なことなのか、ということが気がつかないのだろうと思うよ。少し不便な方が良い時もあるのさ。


ただしさ、身体的な障害を持つ方は別だよ。「オートマチックトランスミッション仕様車限定免許」じゃなきゃ困るだろうからね。


「怒りや憎しみで何を解決できるの」浅草でフリーハグをした韓国人女性の思い
浅草で、日韓友好のためにフリーハグをした韓国人女性がいます。
2019/09/14 20:12


2019年11月11日(月) NEW
“フリーハグ”で日本縦断 女性の願い


その報じた時期は違うけれど、何だこの連携は?

そして、国家間の話と「一個人の思い?考え?」を混同させ、多くの人を「誤った方向」へ誘導するかの様な報道。


しかしこれじゃ、NHKは強制的に徴収する視聴料以外からの収益が大きすぎる、と言われても仕方がないんじゃね?

そして、NHKの取材力は「強大・巨大」なのに、ネット配信の「ネットメディア」に頼りすぎじゃね?等々思えてしまうのだがねぇ〜・・・


大植被告の保釈許可は「岸和田逃走」と同じ裁判官


色々と難しい話が絡んでいるのだろうけど、この様な「記事見出し」になるのもうなずけてしまうな。

で、大阪地検が護送中だった被告の逃走事件で、地検側の「人権に配慮して、手錠を緩めた」という釈明に?わたしゃ、「そりゃ、忖度するわなぁ」と思った。

だってね、本当の意味での「人権」よりも、よくわからない事で「人権が〜」と大騒ぎするアホが多いから、そのアホたちに「阿る」「媚びる」という「忖度」をしてしまうのは人情だからね。



でね、それこそ欧米並みに、検察も警察並みの装備を導入することをお勧めするよ。そうすりゃ、保釈中の被告護送とか、検察官も行使できる「逮捕」「捜査」ということに、警察官の様に武装した職員が対応できんじゃん。

でなきゃ、裁判所かね?

裁判所が、リンク先記事で記されている様な「保釈取り消し」等々の時の「再収監」の場合に、警察等に命令し執行させる、というやり方ね。

そして直接的にその執行を行う警察等の機関・組織等々は、「もしも」ということも考えられるから、重武装で当たる、とか決めれば良いじゃん。

ホントは、こんな事をお勧めする気はないのだが、余りにも「ひどい」という感じだからね。