貴殿及び貴社に厳重に抗議するとともに、すみやかに日本国民に謝罪し、事実に反する部分を訂正し、日本国民が被った損害を賠償するよう強く求めます。


これパロディね。

しかし大新聞社も本当に「落魄れ」たモノである。リンク先で記された様な対応が出来る、ということは資産的にまだ余裕があるのであろうが、新聞というか、言論というか、その様なモノを掲げているところが、言論によって反論、反証できないとは・・・いや大新聞の対応は、もはや「落語」である。


参考

朝日新聞社は、小川栄太郎氏の著書「徹底検証『森友・加計事件』朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」について本社の報道を根拠なく「虚報」「捏造」などと決めつけ、本社の名誉や信用を著しく傷つけたとして小川氏と出版元に抗議し、謝罪や訂正を求める申入書を送りました。



スポンサーサイト

次の動画は、自転車の交通ルールとか交通マナーに関する動画。






この様な動画には「だから自転車は・・」と主に自動車を運転している方から?「自転車は迷惑だ」的なコメントが散見されるし、逆に「自転車をもっと優遇した交通制度、規則にしろ」と言うコメントも散見される。

人は、その立場立場によって意見や考え方がある。そして、すべての人が納得できるモノと言うのは、中々作れないのである・・・動画を拝見しシミジミ思った。


ちなみに、エントリタイトルにした【彼方を立てれば此方が立たず】の類義語に【右を踏めば左があがる】というのがある。


交通の話とは違うのですが・・オマケとして、次のリンクを貼っておきます。


住宅街にシカが…!クマが…!



山積みにされた大きな袋。これらは全部、風力発電用の風車に衝突して死んだオジロワシだ。温室効果ガスを出さない発電方法として、エコの代名詞的に取り上げられることもある風力発電。その裏で絶滅の危機に瀕した猛禽類が次々と死んでいる現実を直視しなければ、野生動物との共生は永遠に実現しない。


猛禽類医学研究所




僕は匿名でモノを言う人は右も左も嫌いです。自分の言動に責任を持つのは最低限のマナーだと思うからです。こたつの中でヌクヌクとしてながら過激な言葉を発するのは男のすることじゃない。例えば朝鮮人がどうとか個人の国籍を否定しても意味がない。個人に石を投げるのは卑怯じゃないですか。
https://twitter.com/ka1206/status/932072039795474432


なんか尤もらしいことを述べている様であるが・・・

実名で、この様なことを述べている方に「意見具申」「抗議」を行なった場合、ストーキングされたり、恫喝・恐喝される恐れがあるから、普通の方は「匿名」にするんだよ。

というかね、今現在は少し変化が起きているけど、今まではこの様なことを述べる側が「権力者」だったんだ。しかも、人権が〜、と大上段に振りかざすこの手の人間に限って、平気で他者の「人権」を踏みにじる「横暴な権力者」だったんだ。その横暴な権力者に対し「反権力」を掲げたのが、今の安倍政権支持者の若者だよ。

思想的な、信条的な、右とか左とか別にして、政治運動や社会運動等の先頭に立ち旗を振って今まで通りにふんぞり返っている連中は、ここら辺のことを理解できないと本当に大変なことになるよ。


「ふくしま共同診療所」というところがる。



この診療所が出来た当初、地元メディアはずいぶん取り上げていた記憶がある。しかし現在は、非常に「素性のよくない」ということが「公然の秘密?」ということになり、滅多に地元メディアが取り上げることはなくなった。

しかし・・・・

イメージ取り込み 1792 


・・という画像でわかる様に、他の地域のメディアはこの診療所の活動なるものを報道する。

ご存知の方はご存知のことなんだけど、福島県は放射線被曝への不安ということでさ「子供は無料」で「内部被曝検査」や「甲状腺ガン検診」というのが行えるし、日本で「ホールボディカウンター」という検査装置?計測装置?が一番充実しているのは福島県なんだよね。

もっと言えば、その様な検査を受ける子供が多いから、小児ガンの発見確率も高いということ。その事実すら「新聞テレビ」は報じない。報じないくせに「ガンが多い」ということだけを強調し報じる。この様な報道姿勢こそ「既存の新聞テレビ発のフェイクの根源」なんだよね。

しかもさ、この診療所が診療所の独断での「小児ガンが多い」ということを、日本の医学会とか医学研究者の総意であるかの様な報道って、フェイクニュースの最たる例だろ?



このツイート読んでくださいね。小坪議員への批判は単なる批判、論評であってヘイトではないです。僕は彼の出自や属性などに対して何もふれていません。https://twitter.com/tsuda/status/930279246215315456 …


ということなのだそうだ。


しかし、無闇にというか、綺麗事というか、自分たちのご都合というか、そんな感じで「ヘイト」とか「差別」「人権」等々を最大限利用し、その上にあぐらをかいてきたのは、この手の大学のエンライ教授センセの様な人間たち。と思うのだが・・・

これは、この手のエンライ教授センセを利用してきた「既存の新聞テレビ」にも言える。

次のリンク先の記事を読むとそれがよくわかる。

国連人権理事会 日本の人権の状況に218の勧告
11月17日 8時06分


完全とは言い難いが、様々な自由を謳歌できるのが日本である。その事実を現政府は勿論であるが、日本のメディアと称しあぐらをかいているところがそのことを国際社会に発信する責務があると思うのであるが・・・日本の代表される既存の大新聞や大テレビ局はその逆のことを行う。しかも、先に引用したツイートを発する様な「大学のエンライ教授センセ」を利用して・・・

いや既存の大新聞、大テレビ局、そして「大学のエンライ教授センセ」こそ、「日本には自由がある」ということを重々承知しているだろうし、その恩恵を最大に享受してきたのではないのか?

しかし、引用Tweetの様な形でしか知らないが、日本の大学の教授センセとは「気楽な商売ときたもんだ」というか、これほどまでに「浅はか」な思考しかできない方でもなれるというのが凄い。いくら歴史ある、かつ「名門」と称する大学であっても、この手の方々を「教授」として採用してしまうのだから、大学教育の程度がわかるというモノである。


おまけ


国連人権理事会の対日普遍的定期審査について日弁連が会長声明。
今回のハイライトとなんと言っても、死刑廃止、差別禁止法、国内人権機関の実現が待ったなしとなった点です。
福島原発事故の被害者の人権と帰還政策、メディアの独立性と特定秘密保護法が大きく取り上げられたことも特筆されます。


これ、海渡某という某参議院議員の事実上のダンナのTweet。あとは「言わずもがな」でありましょう。